ねこっちー!2

Mix黒猫・ぎん10歳(♂)
ロシアンブルー・ソラ8歳(♀)
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< リバイバル・ロンドンゥ丱奪ンガム宮殿Ε淵轡腑淵襯ャラリー | main | リバイバル・ロンドンウィンザー城バース&ストーンヘンジ >>
# リバイバル・ロンドンД丱ぅ屮蝓辞┘謄奪疋戰蝓
JUGEMテーマ:海外旅行 総合



ぎんちゃん旅行クラブにようこそ!


本日はANA「旅作」で日本から事前に申し込んだ


「コッツウォルズ1日バスツアー」にまいります。






「ロンドンの旅Д丱ぅ屮蝓次




<4日目 >



コッツウォルズはロンドンの北西200kmにある


イギリスを代表するカントリーサイドです。


かつて羊毛産業で栄えた村々には今も


中世の古きよき英国の面影が残ります。





バスがロンドンを離れると 周りの風景が一変します。


広々とした畑や牧草地が広がります。












コッツウォルズの村に入る前にドライブインで


おトイレ休憩をします。 


みなさん、このバスですので


間違えずに戻ってきてくださいね。



   
    






見慣れたKFCやCCドーナツのお店もあるわ










   キャンディーもいろいろあって


   楽しいにゃ〜♪



  
   







食いしん坊軍団が戻ってくるか心配でしたが


無事に「バイブリー」の村に到着しました。













美しい村ですね。 さすがウィリアム・モリスが


「イギリスで一番美しい村」と讃えただけあります。














あちらはアーリントン・ロウと呼ばれる石造りの


コテージだそうです。













 ソラ: アーリントン・ロウ?


     この橋を渡って行くのね。













   何軒かくっついて作られてるのね。














   お花も綺麗ね〜














ライムストーン造りの家もお花がいっぱいのお庭も


コッツウォルズの自然に溶け込んで美しいですね。












おやおや?


ネコちゃんたちが門の前でガヤガヤ騒いでいます。





   チョコちゃんじゃない?




   チョコちゃん、こっち!こっち!












     チョコ: え?あたしはここだけど





  にゃん?


  あなたたち、だぁれ?












 こ、こ、こんにちは〜


 ぎんちゃん旅行クラブで日本から来ました〜







うふふ♪ チョコちゃん似のネコさんでした。


毛並みが美しいですね。さすがコッツウォルズ、


ここではネコちゃんまで美しいです!






  今度はゆっくりお茶に来てね〜





  うん、またね〜 さようなら〜










それではお時間まで


バイブリー村の散策をお楽しみください。




マスの養殖場方面







スワンホテルの建物






  村に1軒だけのお土産屋さんの棚
  







それでは旅行バスに乗り


次の村「テットベリー」をめざします。







 

「ロンドンの旅┘謄奪疋戰蝓次






バスはバイブリー村を後にし「テットベリー」に


向かいます。テットベリーは小さな街ながら王室の


避暑地でもありアンティーク店も軒を連ねます。






旗がひらめく大通り







お花も綺麗






チャールズ皇太子のお店






皇太子のお好きな庭仕事のグッズや


王室ご用達のロイヤルワラントも置かれている








テットベリーの教会






「最後の晩餐」のステンドグラスが有名







チッピング・ステップスと呼ばれる階段状に続く家並み






家壁も道も蜂蜜色のライムストーンで造られている








お待たせしました。昼食です!


このツアーは昼食込みです。前菜、主菜は選べます。


お料理はどれもイギリスの伝統的なお料理です。






前菜(プロウンカクテル)







お肉のメイン料理(ソーセージとマッシュドポテト)






お魚のメイン料理(シーフードクランブル)







  やっとお食事にゃ〜


  美味しいにゃ〜


  でも味付けがかなり薄めだね






そうですね。素材の味が生かされている、


とも言えますが塩コショウをかけているお客さまも


大勢。。。確かにこの味付け(の無さ)が


伝統的とも言えますね。。。





  デザートはないのかしら?





そうですね。


フランスだったらデザートは必ず付くんですけど。


なんだか物足りないですね。。。


ではお食事が終わった方から


テットベリーの散策をお楽しみください。







次はツアー最後の村、「カッスル・クーム」です。


この村に向かう道は大型バスが通れないので


駐車場から10分ほど小道を歩きます。













村に入るとすぐ、


お伽噺に出てくるような茅葺のお家があります。


消防法で、新たに茅葺屋根が造れないので


今は貴重なお家だそうです。














村の中心の広場に着きました。


「あれ?どこかで見たことがある。。。」と


気づかれた方はいませんか?












カッスル・クームは小さな村ですが


中世の家並みがそのまま残ることから


映画「戦火の馬」のロケ地に選ばれました。


















この教会も舞台になったそうです。











パパさん  そうそう、


      広場はオークションの場面で見たし


      教会も写っていたね。











そうなんですね〜


イギリスって最先端の建物と中世の建物が


ともに存在し、ともに使われているんですね。





それではバスにお戻りください。




のどかな田園風景を見ながら帰りましょうか。


ヒースの花も見られますよ。



















それでは本日のツアーはここまでに。


みなさま、本日もぎんちゃん旅行クラブにご参加、


ありがとうございました。






ご一緒くださってありがとうございました。 ソラ





明日は「ДΕンザー城 バース&


ストーンヘンジ」にゃ お楽しみににゃ〜     ぎん








  旅行記事中のコメント欄は閉じております。


  いつも温かいコメント、ありがとうございます。








 
| - | - | 00:05 | category: リバイバル |
# スポンサーサイト
| - | - | 00:05 | category: - |
Categories
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links